パソコンは粗大ゴミなどとして出すことができません

 

 

引越しや買替え、故障などのため、パソコンを処分することがありますよね。

 

リサイクル法があるため、パソコンは粗大ゴミとして捨てることはできません。

 

処分するには、メーカー、または回収業者にお願いすることになります。

 

メーカーにお願いする

 

メーカー製パソコンを使っていた人は、メーカーに連絡して回収してもらいましょう。

 

回収してもらえるものは、パソコン本体・ディスプレイ・マウス・キーボード・スピーカー・ケーブルだけです。

 

自作パソコン、マニュアル本は回収不可なので注意して下さい。

 

パソコンメーカーへ回収のお願いをして下さい。

 

パソコンの型名が必要になるので、申込む前に確認しておきましょう。

 

パソコンは厚手のゴミ袋・段ボール箱などに入れます。

 

エコゆうパック伝票が送られてくるので、梱包したものに貼りつけて下さい。

 

エコゆうパックに記載されている郵便局へ連絡すると、パソコンを家まで取りに来てくれます。

 

回収業者にお願いする

 

自作パソコンを使っていた人は、不用品の回収業者にお願いしましょう。

 

回収業者はたくさんあるのですが、なかでも「リネットジャパン」はおすすめです。

 

リネットジャパンは、国認定業者なので安心してお願いできるからです。

 

パソコンの回収だけでなく、データの消去作業や、データ消去証明書の発行まで行っているんですよ。

 

リネットジャパンへ回収のお願いをして下さい。

 

データ消去証明書を発行してもらいたい場合、会員ページ内にあるデータ消去証明書をプリントアウトして、パソコンに貼っておきましょう。

 

パソコンは厚手のゴミ袋・段ボール箱などに入れます。

 

段ボール箱がない場合、リネットジャパンから購入することも可能。

 

早ければ翌日には、家までパソコンを取りに来てくれます。

 

物理的に壊す

 

パソコンが壊れて動かなかったとしても、ハードディスクが壊れていないのならデータ流出のおそれがあります。

 

 

ですから壊れている場合でも、データ消去をしておかなければなりません。

 

しかし、パソコンが動かなければデータ消去ソフトは使用できませんよね。こんなときは、ドライバーや金槌を使って物理的に壊しましょう。

 

データが記録されているのは、ハードディスクの内部にある「磁気ディスク」と呼ばれる部品です。

 

磁気ディスクを壊すためには、ハードディスクのケースをこじ開けなくてはなりません。ハードディスクのケースには、星形のネジ穴が使われていることがあります。

 

星形のネジ穴は、プラス・マイナスドライバーでは開けにくいので、トルクスドライバーも準備しておくと良いですよ。

 

ハードディスクは、破壊しておかないと、データを復元されてしまう可能性があります。

詳しくは、捨てたパソコンから情報流出?無料ソフトでデータを完全消去するには?のページをご覧ください。